2005年12月29日

くるり「NIKKI」

nikki.jpg去年のカウントダウン・ジャパンで「Birthday」を聞いてから一年。
くるりの新作「NIKKI」を聞いた。
以前のとげとげしさは押さえられているが、全体に漂う英国の雰囲気がとてもスマートで格好いい。今年最後のヘビーローテーションアルバムはこれでした。

「(It's Only)R'n R Workshop!」は文句なしの名曲。「Bus To Finsbury」の「京都からやってきた」って所はライブで盛り上がりそう。「お祭りわっしょい」は何だ?と思って聞いていたらサビが格好いい。「Ring Ring Ring!」はバカっぽくて良い。などなど。カウントダウン・ジャパン行きたかったな。

スヌーザーのインタビューを読んだが、今回のアルバムはアメリカで録った今までのくるりっぽい曲と、イギリスで録ったブリティッシュな曲と、日本で録った曲が交ざっているらしい。それだけに曲順には相当苦労したようだ。同インタビューで岸田繁は、インタビュアー田中宗一郎の「並びで、全然印象の違うものになるね。」という問いに対して溜息をついている。

岸田繁はイギリスで録った曲について、60年代のイギリス人がアメリカの黒人ブルーズを聞いて白人ブルーズを作ったのに似た感覚で書いたと語っている。

喜ばしい事に、今月21日からiTMSでもくるりの曲を購入できるようになった。
iTMSで「NIKKI」を購入した際には、是非iTunesのシャッフル機能を「オフ」にして岸田繁の苦悩と共に聞き入って欲しい。
posted by takada at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2005年12月28日

チュートリアルが面白かったM-1グランプリ2005

M-1を見ました。

チュートリアルが1番面白かったです。「ホームページとかあるの?」とか「近代バーベキューの父」とか面白すぎて焦りました。でも最終決戦には残れず残念でした。

それから、品川庄司も残念でした。
バラエティー番組に出演している今の彼らは、結構中途半端な位置にいますが、爆笑オンエアバトルに出まくってた時代に漫才やってた彼らはおもしろかった。アニメネタとかことわざネタとかおもしろかったです。
だから中途半端な品川庄司しか知らない人たちに、ガツンと漫才を見せつけて欲しいというのと、久々に彼らの漫才がみれるというので決勝進出は嬉しかったのですが、あまり振るわず残念でした。
でも、こっそり「かめはめ波」を入れてましたね。
posted by takada at 01:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2005年12月04日

プーシキン美術館展に行ってきました

pushkin.jpg 東京都美術館 で開催されているプーシキン美術館展に行ってきました。印象主義からキュビズムまで75点の絵画と版画が展示されており、非常に楽しめました。

しかし、土曜の4時(閉館1時間前)に訪れたため、人が多いのとあっという間に閉館時間になったのでゆっくり鑑賞できませんでした。最後のピカソ周辺はほとんど鑑賞できず、カタログを購入して帰宅したのですが、カタログを見ていたらやっぱりゆっくり鑑賞したくなって来たので、余裕が合ったら平日か休日の午前中にでもまた行こうかと思います。
posted by takada at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。