2006年02月20日

未来を垣間見れるおもちゃ「20Q」

20060220_20q.jpg先日、友人の家で面白いおもちゃを知った。有名なのか有名じゃないのか、流行っているのか流行っていないのか流行っていたのか、よく分からないが、少なくとも僕はその時初めて知った。そのおもちゃの名は「20Q」という。

遊び方は非常に簡単で、まず何か好きなものを頭の中に思い浮かべ、「20Q」から出される20の質問に、「はい」、「いいえ」、「ときどき」、「わからない」のいずれかで答えるのである。全ての質問に答え終わると、何を思い浮かべていたか当てられる。正解率は7割程度のようだ。

急に核心を着く質問をされ、これは当てられたなと思うこともあれば、何も核心を突く質問に答えていないのに正解を当てられて驚くこともある。はっきりいって僕は、こういうおもちゃが大好きである。おそらく人口知能という未来を垣間みることができるからだ。

当然のことながら、その仕組みに興味を持った。あらゆる事物を分類して見つけ出す分類学とでも呼ばれるような学問があって、それを基にして作られているのかなと思ったが、ITmediaニュース:「ソレハ イキモノ?」――ブログが鍛えた人工知能「20Q」を読んだら、少し違うようである。元々は、米国製の人工知能であるため、そちらは分からないが、日本版を作成するにあたって、インターネットでデータを集めたようだ。要するに、分類学というような学問ではなく統計学を基にしているということだろう。これを知った時、以前、心理学を選考している知り合いに、「心理学は、統計学だよ」と聞いて納得したのを思い出した。

上記の記事で、もう一つ面白いのは、販売元バンダイの売り方だ。あからさまな宣伝を行わず、口コミを利用した販促を行ったらしい。前述のインターネットでのデータ収集に参加した人の口コミを利用したのだ。また、20Q仮面なる者を渋谷に歩かせ、女子高生に写メールで撮ってもらい、後日20Qを知って、これだったんだ!と知ってもらうのを狙ったらしい。効果の程は分からないが面白い。

ところでこの「20Q」だが、感心するのは、データの量や正確さだけでなく、巧みな質問の仕方だ。おそらく100数問はある質問を、回答に合わせて切り替え、たった20の質問を巧みに選びだし、答えを絞りだしていくのだから感心して止まない。

以前に読んだ「すごい会議」に、次のようなことが書いてあった。
会議のコメントを「質問」、「代替案」、「リクエスト」の3つになるように心掛けたら、効率が上がる。より適切な「質問」をすることで、参加者の参加意識、目的意識を高めることができる。・・・

人間の核心に迫るには、質問の選択が重要だということだろうか?

「20Q」と同じ販売元であるバンダイの大ヒット商品「たまごっち」は、ブームが去った頃には、値引きされて山積みされていたのを覚えているが、未来を垣間見せてくれる「20Q」が値引きされて山積みされている姿は見たくないなあ。
posted by takada at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2006年02月18日

太田光と三谷幸喜の奇妙な関係に感動

スタ☆メンにゲスト出演した三谷幸喜に熱い思いをぶつけた太田光と、それについて語っている三谷幸喜。どちらも直接見ていないのだけれど、とにかく格好良い二人だと思った。

太田光が三谷幸喜について語っているのは、ラジオで聞いたことがある。同年代で同じような道を目指している三谷幸喜が雑誌に出ていたりするのを見て、ふざけんじゃないばかやろうと思っていたようである。太田光は、若くして成功した人についてよく語っている。子役から成功したのはジョディー・フォスターくらいだ、など。現場で会う子役の子供に対しても同じようにいじめているようである。おもしろい。なので、このスタ☆メンの話を読んで違和感を感じることはなかった。身近にいる才能ある人に嫉妬し自分を正当化する気持ちにとても納得した。しかし、三谷幸喜の姿が気になった。お互いプロ同士なので、いやいや爆笑問題さんも大活躍していて凄いですねみたいな安っぽいことを言わないんだなと思った。

その後、三谷幸喜の記事を読んで納得した、と同時に感動した。テレビで見る三谷幸喜は、いつもぎこちなく、何かを演じているようにも感じるが、スタ☆メンに出演した時もそうだったんだな。
あの時はいわなかったけど、僕は爆笑問題を心から尊敬している。

才能ある人間同士のやり取りである。とにかく感動した。

ラジオで聞いた後日談であるが、スタ☆メンで二人が会った時に次のようなやり取りがあったようである。
三谷「太田君、新撰組に文句があるんだって?」
太田「はい。近藤勇と坂本龍馬が知り合いだったなんてあるわけないでしょう。」
三谷「そうかな?あながち間違いでもないかもしれないよ。」

ちなみに太田光は、20代後半、爆笑問題がテレビに露出しまくる寸前、司馬遼太郎など幕末関係の小説を読んで、自身のお笑い会に置ける位置などを幕末に例えていたようである。
posted by takada at 02:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2006年02月09日

村上春樹の記事を読んで知ったこと

立ち寄った本屋で、雑誌「COURRiER Japon」上の「村上春樹」という文字が目に入ったので、手に取って読んでみました。その雑誌の記事「村上春樹 初めて明かされるハーバードの一日」を読んで知ったことです。

夢を見ないこと。ハーバード大学で講演をしたこと。ハーバード大学の片隅に住んでいること。ドイツでは「ノルウェイの森」を「ナオコの笑顔」というタイトルで出版していること。「羊をめぐる冒険」における女の子の耳の詳細な描写はどのようなメタファーか?という問いに、当時耳に興味が会ったからかなと答えたこと。29歳から小説を書き始めたこと(25歳かと思っていた)。「シーン」、「イメージ」、「言葉」を意識の底に置き、輪郭がはっきりしてきたらプロットを組み立てること。57歳であること。大作を書くには3、4年掛かるので、あと何作書けるのだろうかと「老化」と「死」を意識していること。日本の戦争犯罪の否認と小泉首相の外交政策に批判的であること。社会体制にソフトに背を向け、満員電車に乗って似たようなネクタイをして大企業に属しキャリアを磨く生活とは遠ざかった一個人でありたい、アウトサイダーであること。毎朝4時に起き、文章を書いていること。

いったい何時に寝てるんだろう?
posted by takada at 23:48 | Comment(4) | TrackBack(1) | 雑記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。