2006年03月29日

夢見る未来

僕が今一番待ちわびているのは、Googleに買収されたwritelyのサービスが開始することだ。writelyは現在Googleへの移行作業中らしく、会員登録を受け付けてはいるものの、新規会員は移行が終了するまでサービスを使えないのである。それで、Googleの買収後に申し込んだ僕は、サービスが再会するのを待っているのだ。

writelyとは、ウェブベースのワープロアプリケーションで、Wordと同じようなことをウェブ上で行えるサービスだ。このサービスを使用すれば、どこからでも同じ文章を編集できるようになる。場所を問わず、思いついたことをメモすることもできる。もちろん、携帯メールやwikiを使えば同じようなことはできるが、携帯メールはメモとして使える程度だし、wikiは公開したくない文章の場合、アクセス制限などの設定するが面倒だ。そもそもwikiは情報共有に適しており、文書の作成には不都合な点がある。

writelyのサイトでスクリーンショットを見てみると、保存するアイコンが付いているが、Googleが手を入れたら、Page Creatorのような自動保存機能も搭載されるのではないだろうか。また、複数の文書がどのように管理されるのか、writelyを使ったことがないのでよく分からないが、フォルダ構造ではなく、タグ管理、あるいはもっと新しい管理方法を期待している。もちろん、素早い検索機能もあるだろうし、Googleデスクトップとのスマートな連携もあるだろう。文書同士がはてなのブログみたいにキーワードでリンクするかもしれない。おそらく広告も入るだろうが、僕はまあ仕方ないだろうと思っている。

データをサーバに置くことに、セキュリティ上の問題は残っているが、ローカル環境で動かしているアプリケーションがウェブベースのアプリケーションに移行する流れは、もう確実であろう。オープンが重要な要素であるWeb2.0を代表するGoogleも、writelyの買収からも分かるように「パーソナル化の強化」を行う計画らしいし、文章だけでなく、手元で作業している様々なデータを、自宅や勤務先や旅行先から扱えるようになるであろう近い未来が楽しみだ。

僕は、場所や時間に関係なく、文章や音楽やプログラムを作成するような熱伝導率の高い生活を夢見ている。
posted by takada at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

2006年03月28日

きらめくダイアモンド

WBCで日本が優勝した。僕はほとんどスポーツを見ないが、この大会は行方が気になった。優勝したことを知った時には、嬉しく思った。なぜ惹き付けられたのかと考えると、日本の野球が世界に通用するかという夢のある話のせいもあったが、日本に対して強烈なライバル意識を持ち、否定的な発言をしていた韓国に負けたくないという気持ちが働いたことの方が大きい。

しかしながら、日本が優勝した後に、韓国の監督は日本チームを褒めたたえていたそうである。歴史的な背景から、反日感情の高い中、スポーツの世界での出来事を、別の次元で純粋に捉えた素晴らしい発言だと思う。

逆に僕は、政治的、経済的な衝突の絶えない韓国に対して、不愉快な気持ちにならない訳はないが、いくつかの素晴らしい映画を作成している隣国に好感を持ってもいる。韓国に限らず、国と国との関係は複雑であり、利害関係も結びつくため、負の印象を受けると感情的に否定したくもなるが、冷静に正と負を分離して、偏りや先入観のないフラットな立場で受け止めたいと思っている。

個人レベルで考えてもそうだ。若かったり、性格が悪かったり、足が遅かったり、時間にルーズだったり、勉強が出来なかったりするからと言って、その人の全てを決めつけることはできないし、決めつけられたくない。僕は年上の人でも年下の人でも、区別することなく尊敬する対象だと思って接している。自分と全く同じ人間が存在しない以上、僕にはない優れたもの、知識や考え方や感じ方や性格など、を持っていて、僕はそれに興味があるからだ。

ダイアモンドが心を動かすほどにきらめいているのは、いくつもの面から光を吸い込み、複雑に屈折して、美しい光を放つからだ。一面にしか光を向けなければ、ダイアモンドでも魅力的な光は放たないだろう。
posted by takada at 01:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。