2006年09月18日

行動すること

日常的な道を歩くということは、安全で落ち着いて楽なものである。決して悪いことではない。

でも、人を好きになったり、夢を叶えたくなったりして、居ても立っても居られなくなる時がある。その時、僕は自分に非日常的な道を歩む力があるのだろうか、ルーチンライフを飛び出す勇気なんて持っていたのだろうかと思い、結局何もしない方向のエネルギーと対峙することになる。

そんな時に、思い出す言葉がいくつかある。言葉というものは、人を動かすために、効果的なものなのである。

一つは、最近大和証券のCMでも紹介されていた、ギロビッチ博士という人の言葉。
人間は、行動した後悔より、行動しなかった後悔の方が深く残る

もう一つは、小沢健二がかつて連載の中で書いていた言葉。
人の目なんて気にするくらいなら、死んだ方がましだ。

行動する前に悩んでしまうのは仕方ないことだが、これらの言葉は、思い出す価値があるだろう、と自分に言い聞かせてみる。
posted by takada at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム

いつもここからのポッドキャスト番組がおもしろい

20060918_itsukoko.jpg「悲しい時〜」でおなじみのいつもここからいつもここからの芸能株式市場というポッドキャスティング番組を配信しているのですが、これがとてもおもしろい。

いつもここからと言えば、「悲しい時」、「どけどけ」、「かわいいね」といったあるあるネタを得意とする二人ですが、この番組のフリートークも全編あるあるネタという感じでおもしろいです。いつもここからのネタが好きな人はきっと楽しめるでしょう。

さらに、菊池(写真右)の毒舌、こだわり、素直な感性が妙に共感でき、菊池の暴走トークをなだめる大人の山田(写真左)とのやり取りがほのぼのとしている。

相当売れていると思うのに、菊池は俺のことを好きな人なんているわけないと思っていて、山田に「そんなことはない、全国には菊池さん見たさにライブの前から楽しみにしている人がたくさんいるんだよ」と言われて泣き出したり、絵本を発売する女優に毒づいたり、ナレータの加乃みるくに必要以上に絡んだり、氷室京介の物まねが異様にうまかったり、「ヲ」というカタカナを今まで知らなかったり、聞き所は満載です。

いつもここからの芸能株式市場は、毎週火曜深夜12時に更新されていますが、ポッドキャスティングなのでいつでも聞けます。興味を持った人は是非聞いてみて下さい。
posted by takada at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

話題の旬

多分、佐藤雅彦さんの毎月新聞という本だったと思いますが、話題には旬があるという内容の話が書いてありました。

例えば、年末の紅白歌合戦で小林幸子の衣装がどうだったというような話題を、年明けにすると盛り上がるが、年明け2週間も経ってしまえば、いまさらそんな話をというような感じになる。しかし、数ヶ月経ったゴールデンウィークの頃にその話題に出すと、また盛り上がる。要するに、話題は旬である時期と旬でない時期を繰り返しているのだ、とそういう話でした。

確かに、学生時代の友達と会うのはいつも数ヶ月振り、数年振りだったりするので、毎回同じ話題が旬になっていて、毎回同じ話題で盛り上がってしまいます。

ブログも同じで、思ったことや感じたことをすぐにアウトプットしないと、いまさら書くことでもないよな、まあいいやと思ってしまいます。そんな感じでこのブログも更新もせずに4ヶ月も経っていました。

毎日更新してる人は本当にすごいと思います。僕も定期的に更新していきたいと思いますので、たまに覗いてくれた方々、またよろしくお願いします。
当分はいまさら感出しまくりで行くと思いますが。
posted by takada at 19:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。