2006年04月02日

人間とコンピューター

20060402_hal.jpg僕が小さな頃のイメージでは、外国といえばアメリカ、大金といえば100万円、そして未来といえば21世紀だった。今の子供達は未来と聞いて、いったいいつをイメージするのだろう?22世紀だろうか、それとも31世紀だろうか。22世紀は確かに妥当だろう。僕らが体験できるかもしれない将来であり、多少の想像がつく。希望も持てる。しかし、21世紀から22世紀、2000年代から2100年代というのが、少しインパクトに欠けるように感じる。だからといって、31世紀ではあまりにも遠過ぎる。平安時代の人達がWeb2.0を想像することができるだろうか。それほどの時が隔たれている。

21世紀という響きには、なんとも言えない輝きがあった。鉄腕アトムや2001年宇宙の旅など(ドラえもんは22世紀ですね)、みんながよってたかって21世紀を輝かせていた。人類が滅亡するというノストラダムスの大予言が直前に控えていたことも、このイメージに拍車を掛けていたのだろう。僕が初めて未来を意識したのはいったいいつだろう?多分、「小学○年生」シリーズ本の特集で見た時か、ドラえもんを見た時だ。それは、人工知能のコンピュータと生活をし、テレビ電話で会話をする世界だった。この未来は、半分が外れ、半分が当たった。

当たった方の未来は、今にしてみればなんてことはない。インターネットで世界中が繋がっているのだ。カメラとマイクさえ揃えれば、テレビ電話のひとつやふたつできて当たり前なのだ。驚くことではない。今にして思えば。

外れた方の未来がやってくるのも、そう遠くはなさそうだ。以前のエントリで紹介した20Qや歩行型ロボットや顔を見分けることができるサービスriyaなどが既に登場している。我々の生活に溶け込んでくるのにも、そう長くはかからないだろう。あっという間に携帯電話が普及し、どこでも会話ができるような生活がやって来たように。

しかし、これからやってくる未来は、どうやら僕が小さい頃に想像していたものとは少し違うようなのである。人口知能をもったコンピュータと言えば、ドラえもんやHAL9000のように、人間を超えた能力を持つ完全無欠の存在であった。コンピュータが人間の代わりに何でもしてくれて、まるで生きている必要がない程に楽することができると思っていたのだ。しかし、コンピュータは人間によって作り出されたものであり、人間の能力を超えたことをすることはできないのだ。人間ができることを、ものすごいスピードですることができるだけなのである。まるで、ドラゴンボールの神様と神龍の関係のようだ。神龍はどんな願いでも一つだけ叶えてくれるが、神様ができないこと、例えば人を生き返らせること、をすることはできない。
「グーグル、インテル、MSが注目するベイズ理論」より
ベイズ理論は、おおまかに言うと「未来を推測するには過去を振り返らなければならない」と要約することができる。つまり、ベイズは未来の出来事の確率はその事象の過去の発生頻度を求めることで計算できると説いたのだ。例えば、宙に投げられたコインが表向きに着地する確率が0.5であることは実験データから分かるといった具合だ。

コンピュータといえども簡単に未来を予測することが出来るわけではない。膨大な事実を溜め込んでそこから確率的に決定するのである。やってることは人間と同じだ。例えば、メーラがスパムメールかどうかを判定するには、蓄積されたデータを基に、ヘッダ情報や単語の組み合わせなどを比較し判定するという処理を行う。

また、Web2.0の名付け親であるTim O'Reillyが、「Bionic Software」というこれからのアプリケーションについて、次のように説明している。
ユーザが深いところでアプリケーションの一部なのである。

例えば、amazonのMechanical Turkでは、コンピュータよりも人間がやった方が早い仕事は、人間に任せるというサービスを提供している。また、ソーシャルブックマークは、ユーザひとりひとりがブックマーキングをすることにより、記事やサイトに重みが付き、多くの人に読まれている記事やサイトを紹介するというサービスを提供するアプリケーションとなる。たくさんの人間が少しずつ力を貸した結果、一つの大きなアプリケーションができあがるのである。まるで元気玉だ。

どうやらコンピューターが人間の延長線上に存在し、人間とともに目標を達成するというのが、近い未来の姿のようだ。残念ながら人間を助けるために22世紀からやって来たりはしないらしい。

未来とは常に予測不可能なものであるが、31世紀はともかく、少なくとも22世紀の人間はまだまだ楽することはできず、懸命に生きているのであろうことは多分間違いないだろう。
posted by takada at 02:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | インターネット

2006年03月29日

夢見る未来

僕が今一番待ちわびているのは、Googleに買収されたwritelyのサービスが開始することだ。writelyは現在Googleへの移行作業中らしく、会員登録を受け付けてはいるものの、新規会員は移行が終了するまでサービスを使えないのである。それで、Googleの買収後に申し込んだ僕は、サービスが再会するのを待っているのだ。

writelyとは、ウェブベースのワープロアプリケーションで、Wordと同じようなことをウェブ上で行えるサービスだ。このサービスを使用すれば、どこからでも同じ文章を編集できるようになる。場所を問わず、思いついたことをメモすることもできる。もちろん、携帯メールやwikiを使えば同じようなことはできるが、携帯メールはメモとして使える程度だし、wikiは公開したくない文章の場合、アクセス制限などの設定するが面倒だ。そもそもwikiは情報共有に適しており、文書の作成には不都合な点がある。

writelyのサイトでスクリーンショットを見てみると、保存するアイコンが付いているが、Googleが手を入れたら、Page Creatorのような自動保存機能も搭載されるのではないだろうか。また、複数の文書がどのように管理されるのか、writelyを使ったことがないのでよく分からないが、フォルダ構造ではなく、タグ管理、あるいはもっと新しい管理方法を期待している。もちろん、素早い検索機能もあるだろうし、Googleデスクトップとのスマートな連携もあるだろう。文書同士がはてなのブログみたいにキーワードでリンクするかもしれない。おそらく広告も入るだろうが、僕はまあ仕方ないだろうと思っている。

データをサーバに置くことに、セキュリティ上の問題は残っているが、ローカル環境で動かしているアプリケーションがウェブベースのアプリケーションに移行する流れは、もう確実であろう。オープンが重要な要素であるWeb2.0を代表するGoogleも、writelyの買収からも分かるように「パーソナル化の強化」を行う計画らしいし、文章だけでなく、手元で作業している様々なデータを、自宅や勤務先や旅行先から扱えるようになるであろう近い未来が楽しみだ。

僕は、場所や時間に関係なく、文章や音楽やプログラムを作成するような熱伝導率の高い生活を夢見ている。
posted by takada at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

2006年01月28日

自分だけのために情報を蓄積する

ソーシャルブックマークを利用し始めてから、ブラウザのお気に入りを使う機会が減った。重要な情報入手先としても活用している。ソーシャルブックマークは、ブックマークという機能を超えたコミュニティーである。しかし、僕がソーシャルブックマークを使い始めた動機の半分は、単にブラウザのお気に入りの延長として使いたいというものであった。ブックマークをタグで管理し、自宅と仕事先、あるいは異なるブラウザで、同じものが使えるようにしたかったのである。

それゆえに、ソーシャルブックマークの見せ場であるオープンな機能を必要としない時がある。友達と飲みに行く店を探し、「居酒屋」、「新宿」などのタグをつけ、メモ代わりに登録したいくつかのブックマークが公開されるのは、少し間抜けである。非公開に設定することも出来るが、オープンなコミュニティーで、ひとり壁を作るのも、気分のいいものではない。

余談であるが、タグ管理にはまだまだ発展の余地があると思う。
タグが増え過ぎると管理が面倒になるので、新しいタグを作る時は少し躊躇してしまう。タグからブックマークを見つけ出す機能の強化をして欲しいものである。「居酒屋」というタグを選択したら、「居酒屋」というタグを持ったブックマークが持っている他のタグだけをピックアップしてもらいたい。よく使うリンク順のソートやタグのインクリメンタルサーチなどもあると嬉しい。やはり、僕はiTunesのように使いたいのだと思う。iTunesの「ジャンル」や「アーティスト」や「アルバム」という、メタタグとでも呼ぶのだろうか、タグのタグを付けたい気分になる。複雑過ぎるが、少なくともトップレベルのタグ(iTunesでいう「ジャンル」に含まれるタグ)を指定するという機能は有効だと思える。

Web2.0の重要な要素の一つが、横のつながりであることを考えると、僕が求めていたのはWeb1.5とでも呼べるのかもしれない。

mojixさんのブログ「Zopeジャンキー日記」に「パーソナルネット」という面白いエントリがある。一部を引用させて頂きます。
会社用に「イントラネット」があるのだから、
自分用に「パーソナルネット」があってもいいのではないだろうか。

自分のデータをネット上に流すのは、セキュリティ的にも、パフォーマンス的にも、何か違うという気がする。
「自分のデータ」は、やはり自分の手元にあるのが自然だ。

いわば「パーソナルコンピュータの次」に、「パーソナルネット」が来るんじゃないかと思う。

Webアプリの利点は、ブラウザだけで使えること、アプリのバージョンアップが容易なこと、そしてどこからでも使えることである。「パーソナルネット」では、Webアプリを配布することになるので、その利点は、ブラウザだけで使えること、大切なデータがネット上に流れないこと、そして「パーソナルネット」内のどこからでも使えることである。データの問題は非常に重要な問題であるが、僕はどこからでも使えるということを重視している。というのも、似た文脈で、会社用の「ナレッジマネジメント」のように、自分用の「パーソナルナレッジメント」が欲しいと考えているからである。

例えば、持ち物リストを作成するWebアプリ。
美術館へ持って行くものリストを作成し、出かける前に自宅のPCで確認する。いざ美術館に着いてみたら、眼鏡を忘れてしまったことに気付いたとする。そこで、携帯からリストに眼鏡を追加することによって、より完璧なリストが出来上がる。失敗を反省して、繰り返さないようにするのである。

それから、ストップウォッチの結果を蓄積するWebアプリ。
初めて作る料理が完成するまでの時間やOSのインストールに掛る時間、本を一冊読み終える時間を計るのである。いずれも、PCあるいは携帯からスタートボタンとストップボタンを押すだけである。もちろん、途中で止めることもできる。何かをするのにどのくらい時間が掛かるか、という記録を蓄積するのは、なかなか役立つのではないかと思っている。

これらのデータはタグで管理したいが、誰かに見せる必要はない。

他のWebアプリと同じように、手間さえ惜しまなければ手持ちの道具で解決することもできる。しかし、資本主義経済が拡大再生産を続けるように、僕らの欲望は際限なく拡大していくのである。
posted by takada at 03:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

2006年01月05日

ソーシャルブックマークによる自己表現

皆さんはソーシャルブックマークを使ってますか?

ソーシャルブックマークとは、簡単にいうと「ブラウザのお気に入り」機能をWeb上で実現したサイトです。基本的には「ブラウザのお気に入り」と同じで、閲覧したWebサイトのアドレスと題名と必要ならコメントを登録する、ということが出来ます。
異なる点としては、「ブラウザのお気に入り」では登録されたアドレスの情報は当然目の前のパソコン内に保存されますが、ソーシャル・ブックマークではWeb上のサーバに保存されること、また「ブラウザのお気に入り」ではフォルダに振り分けるが、ソーシャルブックマークではタグを貼りつけること、などがあります。
しかし、最も大きな違いは、ソーシャルブックマークでは他人のブックマークを見る事ができることです。
そのため、自分が登録したWebサイトを他に何人の人が登録しているかを知る事が出来たり、自分が登録したWebサイトに書き込んだコメントを他の人に読まれたりするのです。

余談ですが、僕がタグによる管理を初めて意識し、便利さを実感したのは、iTunesでした。
一曲一曲に付けられた、「ジャンル」、「アーティスト」、「年」などのタグで検索したり並べ替えたりするのは、便利であると感じると共に、数千の曲を扱うためには、もはやあたりまえであるようにも感じられました。

さて、僕はそもそも「ブラウザのお気に入り」の代わりや情報収集のためにソーシャルブックマークを使い始めたのですが、誰かに見られていると思うとコメントを書くのも楽しくなってきます。コメントを読んで、僕のブックマークを見に来てくれたら嬉しいものです。また、他の人のブックマークを眺めているとその人の趣味やひととなりが見えて来て、興味が湧いてきます。

最近では色々なタイプのブログが存在しますが普及したばかりの頃は、記事や情報をリンクして、それに対する意見を書くというスタイルのものが多かった気がします。意見の量が絶対的に違いますが、この点ではソーシャルブックマークも同じだと思います。そして、誰かに見られること意識している以上、ソーシャルブックマークも自己表現の一つなのだと思います。

その上、ブログに比べて敷居が低い。
ブログより、開設や更新を楽に行えます。また、ここ(「Life is beautiful」)で書かれているように、ブログのエントリーにコメントを付けるのと比べて、ソーシャルブックマークに登録してコメントを書くという行為は敷居が低い。

ところで、このソーシャルブックマーク、まだ浸透していないのか、インターネットのコアユーザが多いのか、技術用語のタグが多いように感じます。ブログやSNS(ソーシャルワーキングサイト)並みに普及すれば、映画関連や音楽関連など娯楽関係のタグと登録数が充実するのでしょう。非常に楽しみです。
また、SNSの訪問者履歴や、ブログのプロフィールのような機能が追加されれば、横のつながりが強くなり、楽しくなりそうです。
posted by takada at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | インターネット

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。